融雪制御装置とは?

北海道や東北地方など、雪が降る地域の方々ならご存知かと思いますが、「ロードヒーティング」と呼ばれる設備があります。
これは、歩道、車道、駐車場などの路面の下に電気ヒーターや温水を循環させるパイプなどを埋め、路面を暖めることで雪を融かす仕組みです。
このロードヒーティングの熱源の運転制御を自動で行うものが「融雪制御装置」などと呼ばれる装置で、当社Msシリーズも融雪制御装置の1つです。
昨今は原油価格高騰の影響を受け、ガソリンや灯油など石油関連商品の価格が軒並み上昇し、また地球温暖化問題とも相まって、冬場の暖房設備などの省エネについて話題となる機会が多くなっています。
ロードヒーティングについても例外ではありません。
コストを考えなければ、雪が降っている、降っていないに関わらず、常に路面を暖めておけば降った雪を融かすことができます。冬になったら運転を始め、春になったら停止すればいいので、融雪制御装置も必要ありません。
ですが、これでは電気代や灯油代など、コストの下敷きになってしまいます。
なぜ融雪制御装置が必要なのか? それはやはり人手をかけず、しかもできる限り少ないコストで済むように効率よく雪を融かしたいからに他なりません。
ランニングコストについては、手動運転が最も省エネ効果があるように言われておりますが、果たして本当にそうでしょうか?
ロードヒーティングにおける省エネは運転時間を減らすこと。これが最も単純で手っ取り早い方法です。
自動運転より手動運転が推奨される理由は、「自動運転では雪が降り始めたら運転を始め、雪が降り終わってからも数時間は運転を続けてしまう。また、雪が降っていないときでも『予熱運転』により路盤を暖めている場合があり、これもムダ。手動運転なら、雪が積もり始めたら運転を開始し、雪が支障ない状態まで融けたら運転を止めることで、運転時間を減らすことができる」というものです。
しかし、いつも雪の様子を確かめながら手動で操作できるとは限らないですし、しかも、手動運転にも引けを取らない省エネ効果を期待できる制御方法も存在するのです。
一般的に「自動運転」とひとくくりで呼ばれていますが、その中には実は様々な制御方式があり、制御方式の違いにより運転時間も変わるのです。
次から、ロードヒーティングの自動運転における制御方式について説明しましょう。