ロードヒーティング 遠隔制御事例

■ Ms融雪遠隔操作代行サービス導入事例
Ms融雪遠隔操作代行サービスは融雪制御装置Msシリーズをインターネット回線に接続し当社が遠隔で設定変更、動作確認、制御の最適化を行うサービスです。

Ms融雪遠隔操作代行サービスを導入いただいた事例をご紹介いたします。

1 札幌市内のマンション駐車場
札幌市内のマンション駐車場(約300㎡)では温水ボイラー2台のロードヒーティングに当社の融雪制御装置一式と通信機器を導入いただき、Ms融雪遠隔操作代行サービスをご利用されております。

お客様から灯油使用量のデータをいただき導入後と前年度と前々年度と比較すると、灯油使用量を70%削減できました。

×

導入前
2017年度 11月 12月 1月 2月 3月 合計
降雪量(cm) 70 108 138 82 82 480
灯油使用量(L) 833.4 3293.6 3655.3 2723 1966 12471.3
※2017年度は他社遠隔監視を利用  
降雪量1cmあたりの灯油の使用量
12471.3/48025.98(L/cm)

2018年度 11月 12月 1月 2月 3月 合計
降雪量(cm) 13 103 161 77 51 405
灯油使用量(L) 555 3409.9 3638.9 2423.9 748.6 10776.3

降雪量1cmあたりの灯油の使用量
10776.3/40526.61(L/cm)

融雪制御装置ボイラーメーカー製 (1回路)
制御方式降雪遅延制御/遅延時間1時間
熱源温水
面積約300㎡

×
導入後
2019年度 11月 12月 1月 2月 3月 合計
降雪量(cm) 35 45 95 196 43 414
灯油使用量(L) 239.9 1001.5 0 1661.7 303.2 3206.3
2020年度 11月 12月 1月 2月 3月 合計
降雪量(cm) 13 61 132 91 46 343
灯油使用量(L) 0 1295.4 2439.9 1576.4 560.3 5872.0

2020年度は2019年度に比べて降雪量が少ないのですが、旬毎の平均気温が前年より2度から4度低かった12月中旬から1月中旬に降雪が集中したため灯油の使用量が多くなっています。
それでも灯油使用量はMs融雪遠隔操作代行システム導入前の約45%削減を達成しています。

降雪量1cmあたりの灯油の使用量
2019年度:3206.3/414≒ 7.74(L/cm)

2020年度:5872.0/34317.12(L/cm)

融雪制御装置Ms3(2回路)/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
Ms融雪遠隔操作代行サービス
熱源温水
面積約300㎡


灯油の使用量比較
2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
25.98 26.61 7.74 17.12

詳細な内容が書かれた融雪比較データはこちらのpdfになります。


×     ×
融雪制御装置Ms3
モバイルルータ等
   
ネットワークカメラ

×
マンション駐車場
早朝・降雪時

×
マンション駐車場
明朝

× ×
12月 3日 坂側
12月 4日 坂側

× ×
12月 3日 奥側
12月 4日 奥側

2 網走市内の駐車場
網走市内の駐車場では、当社の旧型モデルをご利用いただいていたため融雪制御装置を新型に交換、カメラや通信機器の導入等、設備工事のみでMs融雪遠隔操作代行サービスをご利用されております。

×     ×
融雪制御装置Ms3U
   
モバイルルータ等

×
降雪センサSNW-3
ネットワークカメラ

×
駐車場 朝

×
駐車場 朝

× ×
12月14日 駐車スペース
12月15日 駐車スペース

× ×
12月14日 通路
12月15日 通路

融雪制御装置Ms3U(2回路)/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御(優先・非優先制御)
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
Ms融雪遠隔操作代行サービス
熱源電気(融雪電力・5時間カット)
面積約250㎡

3 当別町内の駐車場
当別町内の駐車場では当社の融雪制御装置一式と通信機器を導入いただき、Ms融雪遠隔操作代行サービスをご利用されております。

×     ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
   
降雪センサSNW-3
ネットワークカメラ

×
駐車場 朝

×
駐車場 朝

× ×
2月17日 駐車スペース
2月18日 駐車スペース


融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
Ms融雪遠隔操作代行サービス
熱源温水
面積約516㎡

■ MsシリーズWebサービス、遠隔制御導入事例
遠隔制御方法にMsシリーズWebサービスが加わり、パソコンやスマートフォン、使用しているOSを問わずブラウザが動作する端末から遠隔制御ができるようになりました。

MsシリーズWebサービスを開始して遠隔制御にご興味いただき、導入いただけた事例をご紹介いたします。

1 札幌市内のマンション駐車場前及び歩道部分
札幌市内のマンションでは、他社の融雪制御装置から当社の融雪制御装置一式と通信機器を導入いただき、MsシリーズWebサービスをご利用されております。

×     ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
   
降雪センサSNW-3

×
駐車場前及び歩道部分

融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラなし
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
熱源温水
面積約100㎡

2 旭川市内のマンション駐車場
旭川市内のマンションでは、融雪制御装置一式と通信機器及びネットワークカメラを導入いただき、Msシリーズ操作アプリ(アンドロイド専用)をご利用されております。

ネットワークカメラを導入いただくとスマーフォンからカメラ映像を見ながらMsシリーズを操作いただけます。

×     ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
   
ネットワークカメラ

×
アンドロイドの画面

融雪制御装置MsJr/SNW-3
制御方式降雪遅延制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Msシリーズ操作アプリ(Android)
熱源温水
面積約170㎡

3 小樽市内のマンション玄関前及び駐車場
小樽市内のマンションでは、当社の融雪制御装置をご利用いただいているため、通信機器のみの導入でMsシリーズWebサービスをご利用されております。

×     ×
 融雪制御装置MsJr
   
 モバイルルータ等

融雪制御装置MsJr/SNW-3
制御方式降雪遅延制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
熱源温水
面積約100㎡(玄関前)約70㎡(駐車場)

■ 監視カメラとインターネットを活用した遠隔制御
本事例は、不動産賃貸などを手掛ける東建株式会社様が自社管理の賃貸マンションにおいて、入居者向けサービスの一環として装備しているインターネット回線ならびに防犯目的に導入された監視カメラを利用し、ロードヒーティングのランニングコストの低減や入居者の利便性向上を目的に遠隔制御を実現されている事例です。

監視カメラとインターネットを活用した遠隔制御
当該マンションには、降雪監視による自動運転制御可能なボイラーが設置されていましたが、3要素制御による自動運転を行うために当社MsJrを新たに導入していただきました。

通常はMsJrが自動運転を行いますが、必要なときに駐車場部分を撮影している監視カメラの映像で融雪状況を確認し、雪の融け残りがあれば強制運転したり、雪がない状況で運転している場合には運転を止めるなどの操作や制御レベルの変更を現地に出向くことなく本社事務所から実行できます。

また、Android用アプリを導入いただいており、夜間や休日など外出先からの操作も可能になっています。

融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/ルータ
ネットワークカメラあり
通信方式光回線
遠隔操作Msシリーズ操作ソフト・アプリ
熱源温水
面積約67.5㎡・約178.8㎡・約829.4㎡

東建株式会社様のホームページはこちら
■ スマホをリモコン代わりした遠隔制御
本事例は、個人宅において既設のWi-Fi環境を利用し、スマホをリモコン代わりに駐車場部分のロードヒーティングを遠隔操作できるようにした事例です。

スマホをリモコン代わりに遠隔制御
本システム導入前は他社の融雪制御装置を利用されていましたが、当社の融雪制御装置はスマホからの操作が可能な点を評価していただき、制御装置の入れ替えに至りました。

ヒーター線は既設のものをそのまま利用していますが、制御装置本体をMsJrに交換し、地温センサは新たに埋め込みました。

自宅のWi-Fi環境を利用してスマホからの操作を可能にするため、MsJr本体と併せてWi-Fi対応の通信コンバータ(SRCC-RW)とAndroid用アプリを導入していただきました。

ダイナミックDNSサービスなどを利用すれば、インターネットを介して外出先からの制御も可能です。

融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-RW/wifiルータ
ネットワークカメラなし
通信方式家庭内LAN
遠隔操作Msシリーズ操作アプリ
熱源温水
面積約80㎡

■ アドホックモードを利用したスマホによる制御操作
本事例は、当社MsJrとWi-Fi対応通信コンバータ、さらにMsシリーズ操作アプリを導入したAndroid端末(スマホやタブレット)の組み合わせで、Android端末からMsJrの運転状態の確認や設定変更、制御履歴データの回収、表示を可能とするシステムです。

アドホックモードを利用したスマホによる制御操作
従来、融雪工事業者様や管理会社様がMsシリーズの制御履歴データを確認するためには、Msシリーズ操作ソフトがインストールされたパソコンとRS232Cケーブルなどを持参する必要がありましたが、Wi-Fi対応の通信コンバータがアドホックモードに対応したことで、Wi-Fi対応の通信コンバータ(SRCC-RW)とRS232CケーブルおよびAndroid対応のスマホがあればデータの確認が可能になり、現場でのデータ確認作業の負担が軽減されます。

また、無線LANのアクセスポイントがない環境においても、Android端末をリモコンとしてMsシリーズの操作が可能です。
※アドホックモードとは無線LANの通信方式の1つで、機器同士がアクセスポイントを介さずに直接通信を行う形態のことです。

融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-RW/wifiルータ
ネットワークカメラなし
通信方式家庭内LAN
遠隔操作Msシリーズ操作ソフト・アプリ
熱源温水
面積約180㎡

■ 無線LANとIPカメラを利用した遠隔制御
本事例は、札幌市中央区にある医療法人渓仁会 札幌西円山病院様の職員用駐車場に導入された無線LANとIPカメラを利用した駐車場ロードヒーティングの遠隔制御事例です。

無線LANとIPカメラを利用した遠隔制御
当該病院様においては病院建物と駐車場が公道を挟んだ離れた場所にあり、駐車場も3箇所に分かれていることから通信方式として無線LANを利用しています。

各駐車場には融雪制御装置が1台づつ設置され、1ヶ所はボイラーと電気を併用したMs3による多回路制御、他の2ヶ所はMsJr1台で複数台のボイラーの運転制御を行っています。

融雪制御装置はRS232C⇔LAN変換タイプの通信コンバータを介して無線LANアクセスポイントに接続され、病院内の管理室からの遠隔操作が可能になっています。

また、各駐車場には防犯と融雪状況の確認を目的にIPカメラが設置されており、融雪状況を確認しながら自動/手動/休止などの運転モードの切替を行うことができ、省エネと駐車場利用者の利便性向上を実現しています。

融雪制御装置MsJr・Ms3/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/wifiルータ
ネットワークカメラあり
通信方式院内LAN
遠隔操作Msシリーズ操作ソフト
熱源電気・温水
面積温水825㎡・温水789㎡+電気462㎡
温水771㎡・温水160㎡

■ インターネットを介した遠隔制御
本事例は、本州にお住まいの個人のお客様が、北海道のご実家の敷地に敷設したロードヒーティングの動作状況の確認や運転操作をインターネットを介して行っている事例です。

インターネットを介した遠隔制御
ロードヒーティングの導入にあたり、様々な方式のものを検討されたようですが、最終的に電熱線による電気式ロードヒーティングに決定され、融雪制御装置については遠隔制御が可能な製品ということを条件に当社Ms3を選択いただきました。

遠隔操作を行うため、ご自宅のパソコンに別途購入いただいた「Msシリーズ操作ソフトウェア 回線経由接続パッケージ」をインストールされており、自動/手動/休止などの運転操作はもちろんのこと、内蔵メモリに記録された制御履歴データを回収し、運転時間や降雪状況の集計などにも活用いただいています。

融雪制御装置Ms3/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/ルータ
ネットワークカメラなし
通信方式光回線
遠隔操作Msシリーズ操作ソフト
熱源電気
面積約48㎡

導入経緯や運転履歴、電気料金を公開している「融雪記録・南空知@北海道ホームページ」はこちら