多回路対応融雪制御装置Ms3(エムズ スリー)

Ms3
■標準セット価格 146,000円(税別)~
大型液晶ディスプレイ採用で、使いやすさ向上!
しかも、操作部分を本体から分離して、遠隔コントローラとして利用可能!
※Ms2/Ms2UからMs3へ交換した場合でも、降雪センサ、地温センサ、モニタ装置はそのまま利用できます。

kart  kart

学校・官公庁・公的団体様などの公費専用書類や請求書払い(後払い)での対応をいたしております。その他のお支払い方法にも対応できる場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。


小規模~大規模まで
制御回路数は標準で1回路、オプションで最大4回路まで増設できます。
それぞれの回路を独立して制御しますので、一般住宅から駐車場・道路などの大規模ロードヒーティングシステムまで対応できます。

スマホやパソコンからの遠隔操作に対応可能!
制御装置を設置している場所にインターネット接続環境と当社通信コンバータ、専用のアプリ/ソフトウェアをご購入いただければ、スマホやパソコンから遠隔操作ができます。
さらにネットワークカメラ等と組み合わせると、融雪状況を確認して運転状態を遠隔制御できます。
融雪遠隔制御につきましては、こちらをご覧ください。

見やすさ、操作性が向上!
漢字表示をサポートした大画面液晶ディスプレイ装備で各種状態表示が見やすく、設定操作もわかりやすくなりました。
しかも、操作部分を本体から分離して、遠隔コントローラとして使用することができます。
オプションの遠隔コントローラを購入することなく室内などから全ての設定が可能です。
※2連スイッチボックスへ取り付けてください

電気・温水どちらもOK
制御インターバルは10秒、10分の2種類が設定できます。
電気ロードヒーティングは10秒、温水ロードヒーティングは10分など、 1台で電気・温水のどちらも制御できます。
回路を増設した場合でも、各回路毎に制御インターバルを設定できます。

3つの制御方式
各回路ごとに以下の3つの制御方式を回路毎に設定できます。
1)降雪・気温・地温センサの3要素測定による3要素制御
2)降雪センサと遅延時間による降雪遅延制御
3)降雪の有無によらず設定された地温による地温設定制御

降雪感度調節機能
本体のキー操作により、降雪検出温度および降雪検出時間レベルを変更することで、 降雪の検出感度を調整できます。

予熱運転機能
3要素制御の場合、降雪前に予熱運転の指定ができます。
降雪を検出した後は自動運転となります。

自己動作記録機能
本体のメモリに、過去19日分の自己動作状態を保存しています。
専用のパソコン用ソフトやスマホ用アプリにより、動作記録を確認できます。
(※専用ソフト/アプリはオプションです。別途、通信コンバータやケーブル等が必要です)

優先/非優先制御機能
電気方式設定の2回路以上の場合で、3要素制御および 地温設定制御では、各回路に優先/非優先制御の設定ができます。(オプション機能)
平成20年4月18日、北海道電力(株)殿より融雪制御装置(負荷切替機能付)の認定を受けました。