FTJr FAQ

Q1:
どのような製品ですか?
A1:
FT2とほぼ同様の機能を備えながら、チャネル数を1チャネルまたは2チャネルに限定することで、低価格を実現するデータロガーです。
設定ソフトウェアにより設定を行うだけで、計測目的に合った測定データを容易に得られます。
設定ソフトウェアは、当社サイトより無償でダウンロードいただけるよう準備を進めています。

Q2:
製品構成は?
A2:
FT Jrは、1チャネルタイプと2チャネルタイプの2つのタイプがあります。
1チャネルタイプは、増設用チャネル基板により2チャネルタイプに拡張することができます。

Q3:
どのような電源を利用できますか?
A3:
標準電池(単三乾電池4本)、USB給電、ACアダプタ、外部電源(DC8~18V)の4つの電源に対応しています。
※ACアダプタは変換ケーブル付き専用アダプタにより、外部電源端子に接続
電池動作時でも、パソコンとUSBケーブルで接続している間はUSBからの電源を利用するため、その間は電池を消耗しません。
なお、電源利用の優先順位は、外部電源(ACアダプタ)、USB給電、標準電池の順となります。

Q4:
接続できるセンサにはどのようなものがありますか?
A4:
基本的には、センサの出力信号がFT Jrの対応レンジに適応するものであれば、接続可能です。
直流電圧、直流電流出力タイプのセンサ、各種温度センサ、ひずみゲージやパルスなど多岐に渡ります。
センサの仕様をお知らせいただければ、対応の可否をご案内しますので、お気軽にお問い合わせください。

Q5:
蓄積できるデータ数(測定回数)は?
A5:
測定対象のチャネル数に関わらず、125,000回です。
測定間隔10分とした場合、約868日間の測定が可能です。
※電池交換を行いながら測定を続けた場合

A6:
PCとの接続インターフェースは?
A6:
USBインターフェースを介して接続します。

Q7:
データ回収方法は?
A7:
USBメモリをご用意いただければ、簡単な操作でパソコンを利用することなくデータ回収が可能です。
回収したファイルはCSV形式ですので、市販の表計算ソフトに直接読み込むことができます。※USBメモリは別売です。