SRCC-FL2のご案内
2021-09-01

通信コンバータSRCCシリーズにSRCC-FL2が加わりました。

×

SRCC-FL2はSRCC-FLと機能は同じですが製品側面のディップスイッチでUSBホストの設定変更できますので、FTDI社製FT232を搭載した色々な機器に対応可能です。

×

ディップスイッチの切り替えで下記の設定が変更可能です。

SW1
ストップビット長
OFF
1
ON
2

SW2
データビット長
OFF
8
ON
7

SW3
SW4
パリティビット
OFF
OFF
なし
OFF
ON
奇数
ON
OFF
偶数
ON
ON
設定禁止

SW5
フロー制御(CTS/RTS)
OFF
なし
ON
あり

SW6
SW7
SW8
ボーレート
OFF
OFF
OFF
230400
ON
OFF
OFF
115200
OFF
ON
OFF
 38400
ON
ON
OFF
 19200
OFF
OFF
ON
  9600
ON
OFF
ON
  4800
OFF
ON
ON
  2400
ON
ON
ON
  1200

通信コンバータSRCCシリーズの情報はこちらを参照ください。
当社以外の製品でも機器によって接続可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

土壌水分計MDT-WET150のご案内
2021-06-17

当社は土壌水分計MDT-WET150の取り扱いを始めました。

× ×

MDT-WET150は1つのセンサで土壌水分・間隙水伝導率(EC)・土中温度を同時に測定できます。

SDI12対応の為、FTJr-DigitalタイプC/SDI-12FT2-DigitalタイプC/SDI-12で接続が可能です。

データロガー、取り扱いの各種センサはこちらを参照ください。ご紹介している製品以外にも各種センサを取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

デンドロメーター取り扱いのご案内
2021-03-26

当社はデンドロメーター MIJ-02 Type3の取り扱いを始めました。


デンドロメーターはベルト型のメジャーを樹木に巻き付け、その伸長により木の成長速度を計測するセンサーになります。

データロガーを使用する事で日々の変化や季節での変化を測定する事ができ、日射計や雨量計などと組み合わせる事で環境による樹木の成長を観測する事ができます。

データロガー、取り扱いの各種センサはこちらを参照ください。ご紹介している製品以外にも各種センサを取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ロガーネットワークの構成
2021-01-26

当社では測定環境に合わせて、最適なロガーネットワークの構成をご提案させていただいてます。
上図の案件では測定場所にインターネット環境がなく無線で接続できない環境でしたので、LANエクステンダーを用いてLANケーブルの接続距離を伸ばしインターネット環境がある箇所に接続いたしました。

当社ではロガー装置やセンサーの販売だけではなく、通信機器を組み合わせたロガーネットワークの構成もご提案しております。

観測地にロガーネットワークが構築できるかわからない、また、ロガーネットワークに限らずネットワーク構築でお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

Wi-Fi対応カメラの取り扱い
2020-12-02

当社ではWi-Fi対応カメラの取り扱いを始めました。

Ms融雪遠隔操作代行サービスM.C.S IoT クラウドサービス等の遠隔監視に導入予定です。

有線カメラで必要なLANケーブルの敷設が不要になるため、その分の配線や工事費用を抑えることができます。
※カメラの電源を確保するための配線は必要です

Ms融雪遠隔操作代行サービスM.C.S IoT クラウドサービスの導入、またWi-Fi対応カメラを利用してのシステム構築など、お気軽にご相談ください。

Ms融雪遠隔操作代行サービス導入後の灯油使用量比較
2020-05-01
(2020-07-28 加筆修正)

Ms融雪遠隔操作代行サービスご利用のお客様より、サービス導入前と導入後の灯油使用量のデータをご提供いただき、前年度と前々年度と比較すると灯油使用量を70%削減できました。
札幌市内のマンション駐車場
導入前
2017年度
11月
12月
1月
2月
3月
合計
降雪量
(cm)
70
108
138
82
82
480
灯油使用量
(L)
833.4
3293.6
3655.3
2723
1966
12471.3
※2017年度は他社遠隔監視を利用

 降雪量1cmあたりの灯油の使用量
12471.3/48025.98(L/cm)

2018年度
11月
12月
1月
2月
3月
合計
降雪量
(cm)
13
103
161
77
51
405
灯油使用量
(L)
555
3409.9
3638.9
2423.9
748.6
10776.3

 降雪量1cmあたりの灯油の使用量
10776.3/40526.61(L/cm)

融雪制御装置ボイラーメーカー製(1回路)
制御方式降雪遅延制御/遅延時間1時間
熱源温水
面積約300㎡

×
導入後
2019年度
11月
12月
1月
2月
3月
合計
降雪量
(cm)
35
45
95
196
43
414
灯油使用量
(L)
239.9
1001.5
0
1661.7
303.2
3206.3

 降雪量1cmあたりの灯油の使用量
3206.3/4147.74(L/cm)

融雪制御装置Ms3(2回路)/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
Ms融雪遠隔操作代行サービス
熱源温水
面積約300㎡

灯油の使用量比較
2017年度
2018年度
2019年度
25.98
26.61
7.74

詳細な内容が書かれた融雪比較データはこちらのpdfになります。

Ms融雪遠隔操作代行サービスの内容は「Ms融雪遠隔操作代行サービス」と「Ms融雪遠隔操作代行サービス導入事例」をご参考ください。

製品の防水ボックス組み込み
2020-02-05

当社では防水ボックスを加工して、製品の組み込みを行っております。



FTJr4台と端子台を組み込み、配線しました。


底面に防水コネクタ、背面に取付金具を取り付けています。

これまで当社では防水ボックスを加工してデータロガーを組み込んだ気象観測システムや、融雪制御装置を組み込んだ融雪遠隔監視装置など納入しております。

お客様の条件に合わせたシステムのご提案、筐体製作が可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

「M.C.S IoT クラウドサービス」をリリースいたしました
2019-07-18

2019/3/6のピックアップでご報告していました「M.C.S IoT クラウドサービス」が満を持してリリースされました。


「M.C.S IoT クラウドサービス」は、データロガー(FT、FASTシリーズ等)の測定データや、融雪制御装置(Msシリーズ)の動作履歴データ等をIoTアダプタ(ICS-ADP)を使用してサーバーへ送信することで、警報メールの送信やWeb上でのデータ参照・設定変更・IoTデータのダウンロード等が可能になるIoTサービスです。

主な特徴
◆ 様々な観測現場のデータを一元管理できます
◆ データ回収のために現地に出向く必要がありません
◆ リアルタイムにデータを確認できます
◆ 異常検知時に通報メールを受け取ることができます
◆ 必要な期間のデータをCSVファイルで取得できます
◆ 既存のインターネット回線を利用できます
◆ 通信キャリアを問わずに利用できます
◆ 既存のFT・Msシリーズに追加導入できます

以下の画像ををクリックすると、詳しい説明が書かれた概要やパンフレットがダウンロードできます。
   
M.C.S IoT クラウドサービス
サービス概要.pdf
   
M.C.S IoT クラウドサービス
パンフ.pdf

M.C.S IoT クラウドサービスのページ

サービスの申し込み、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

融雪遠隔監視の導入事例
2019-05-17

当社の融雪遠隔監視は、お陰様でマンションやビルなどの物件管理にご利用いただいております。

今回は3件の導入事例をご紹介いたします。

1 札幌市内のマンション駐車場前及び歩道部分


札幌市内のマンションでは、他社の融雪制御装置から当社の融雪制御装置一式と通信機器を導入いただき、MsシリーズWebサービスをご利用されております。

× ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
降雪センサSNW-3

駐車場前及び歩道部分

融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラなし
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
熱源温水
面積約100㎡

2 旭川市内のマンション駐車場

旭川市内のマンションでは、融雪制御装置一式と通信機器及びネットワークカメラを導入いただき、Msシリーズ操作アプリ(アンドロイド専用)をご利用されております。

ネットワークカメラを導入いただくとスマーフォンからカメラ映像を見ながらMsシリーズを操作いただけます。

× ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
ネットワークカメラ

アンドロイドの画面

融雪制御装置MsJr/SNW-3
制御方式降雪遅延制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Msシリーズ操作アプリ(Android)
熱源温水
面積約170㎡

3 小樽市内のマンション玄関前及び駐車場

小樽市内のマンションでは、当社の融雪制御装置をご利用いただいているため、通信機器のみの導入でMsシリーズWebサービスをご利用されております。

×
×
  融雪制御装置MsJr
 モバイルルータ等

融雪制御装置MsJr/SNW-3
制御方式降雪遅延制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
熱源温水
面積約100㎡(玄関前)約70㎡(駐車場)


これらサービスをご利用いただくことで現地に赴くことなく運転状況が把握でき、融雪制御装置を操作いただけます。

MsシリーズWebサービスに興味ございましたら以前の記事「MsシリーズWebサービスリリースのご案内」をご参照ください。
また、Msシリーズ融雪制御装置の操作及び設定等を代行する「Ms融雪遠隔操作代行サービス」もございます。

サービスに関してご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

MVA-GMP252 CO2プローブ
2019-04-05

VAISALA社のCO2プローブです。
正確なCO2のppmレベル計測が必要とされる農業、CO2冷媒、温室、デマンド制御空調用途向けの堅牢なセンサです。

寸法は130mm Φ25mm

当社データロガーFTシリーズに接続してご使用いただけます。 ※画像はFTJr-1ch

HPに明記されていないセンサのお取り扱い、当社ロガーで計測可能かなどお気軽にお問い合わせください。

シース長1mのK型熱電対
2019-01-31

シース部外形Φ1.6/長さ1mのK型熱電対です。

FTJr-2CH-TCでご使用頂いております。
特殊な形状の温度センサも賜りますのでお問い合わせください。

Ms融雪遠隔操作代行サービスを始めました
2018-11-21

Msシリーズ融雪遠隔制御システムの新たなサービスとして、Ms融雪遠隔操作代行サービスをリリース致しました。

×
Ms融雪遠隔操作代行サービス _印刷用PDF

「管理人様が代わって設定が分からない…」「機械の操作に自信がない…」等のご要望にお答えして、当社でロードヒーティングの設定を代行するMs融雪遠隔操作代行サービスが始まりました。

関連記事:MsシリーズWebサービスリリース予定のご案内

Ms融雪遠隔操作代行サービスにご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

« 前 1 2 3 次 »

記事一覧