融雪遠隔監視の導入事例
2019-05-17

当社の融雪遠隔監視は、お陰様でマンションやビルなどの物件管理にご利用いただいております。

今回は3件の導入事例をご紹介いたします。

1 札幌市内のマンション駐車場前及び歩道部分

札幌市内のマンションでは、他社の融雪制御装置から当社の融雪制御装置一式と通信機器を導入いただき、MsシリーズWebサービスをご利用されております。

× ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
降雪センサSNW-3

駐車場前及び歩道部分

融雪制御装置MsJr/SNW-3/TMP-3
制御方式3要素制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラなし
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
熱源温水
面積約100㎡

2 旭川市内のマンション駐車場

旭川市内のマンションでは、融雪制御装置一式と通信機器及びネットワークカメラを導入いただき、Msシリーズ操作アプリ(アンドロイド専用)をご利用されております。

ネットワークカメラを導入いただくとスマーフォンからカメラ映像を見ながらMsシリーズを操作いただけます。

× ×
融雪制御装置MsJr
モバイルルータ等
ネットワークカメラ

アンドロイドの画面

融雪制御装置MsJr/SNW-3
制御方式降雪遅延制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Msシリーズ操作アプリ(Android)
熱源温水
面積約170㎡

3 小樽市内のマンション玄関前及び駐車場

小樽市内のマンションでは、当社の融雪制御装置をご利用いただいているため、通信機器のみの導入でMsシリーズWebサービスをご利用されております。

×
×
  融雪制御装置MsJr
 モバイルルータ等

融雪制御装置MsJr/SNW-3
制御方式降雪遅延制御
通信機器SRCC-LR/モバイルルータ
ネットワークカメラあり
通信方式LTE回線
遠隔操作Webサービス
熱源温水
面積約100㎡(玄関前)約70㎡(駐車場)


これらサービスをご利用いただくことで現地に赴くことなく運転状況が把握でき、融雪制御装置を操作いただけます。

MsシリーズWebサービスに興味ございましたら以前の記事「MsシリーズWebサービスリリースのご案内」をご参照ください。
また、Msシリーズ融雪制御装置の操作及び設定等を代行する「融雪遠隔操作代行サービス」もございます。

サービスに関してご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

MVA-GMP252 CO2プローブ
2019-04-05

VAISALA社のCO2プローブです。
正確なCO2のppmレベル計測が必要とされる農業、CO2冷媒、温室、デマンド制御空調用途向けの堅牢なセンサです。

寸法は130mm Φ25mm

当社データロガーFTシリーズに接続してご使用いただけます。 ※画像はFTJr-1ch

HPに明記されていないセンサのお取り扱い、当社ロガーで計測可能かなどお気軽にお問い合わせください。

「MCS IoTクラウドサービス」をリリース予定
2019-03-06

「MCS IoTクラウドサービス」は、当社データロガー・融雪制御装置の測定データや運転状況を、いつでもリアルタイムにスマホ・PC等のインターネット端末で確認することができ、多種多様なフィールドの各種データを「見える化」します。

「MCS IoTクラウドサービス」PDF

当社IoT端末は、測定データや運転状況を当社IoTクラウドサーバーへ送信します。
低消費電力で動作するため、ソーラーパネルを使った僻地でのデータ観測等にもご利用いただけます。
また、IoT端末にグローバルIPをご利用いただくことで、従来どおり当社専用ソフトウェアでの接続、設定変更等を行うことも可能です。

「MCS IoTクラウドサービス」には測定値によってメールを送信するメール通知機能があり、観測地の状況監視等にご利用いただくことも可能です。

主な特徴
◆ 様々な観測現場のデータを一元管理
◆ データ回収のために現地に出向く必要がありません
◆ リアルタイムにデータを確認
◆ 異常検知時に通報メールを受け取れます
◆ 必要な期間のデータをCSVファイルで保存
◆ 通信キャリアを問わずに使用できます
◆ 既存のインターネット回線を利用可能
◆ 既存のFT、Msシリーズに追加導入できます

IoT端末は自社製品用に作られておりますが、カスタマイズすることで他社製品に対応できる場合があります。本サービスまた他社製品に対応可能かなど、ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

シース長1mのK型熱電対
2019-01-31

シース部外形Φ1.6/長さ1mのK型熱電対です。

FTJr-2CH-TCでご使用頂いております。
特殊な形状の温度センサも賜りますのでお問い合わせください。

WD5で土壌環境を測定
2018-12-21

ARP社製センサWD5シリーズをご紹介します。


WD5シリーズは、以前にピックアップ情報の「土壌水分と電気伝導度の同時測定」でご紹介したWD3シリーズの上位モデルになります。

WD3シリーズと比べ、小型・軽量化、省電力になり、モデルによって測定できる要素は違いますが体積含水率、電気伝導度、土壌中温度は変わらず、測定要素に加速度センサが加わりました。


WD5はインターフェースにUSBとSDI-12が使用され、SDI-12モデルは当社のデータロガーFTシリーズ-DigitalタイプCと接続が可能です。

例えば、データロガーFTJr-DigitalタイプCのSDI-12インターフェース対応モデルを使用した場合、最大10台のデジタルセンサの接続と15要素の記録ができますので、体積含水率、電気伝導度、土壌中温度の3要素を測定できるWD5-WET-SDIの場合、データロガー1台で5台のセンサを1つの線で接続する事が可能です。

また、当社のデータコンバータSRCCシリーズを使用することでネットワークを通して一元管理する事が可能です。

SRCC-FシリーズとWD5センサを利用した土壌環境の集中管理システム
×

SRCC-FシリーズとWD5センサを利用した
土壌環境の集中管理システム_印刷用PDF

SRCC-FシリーズとWD5センサを利用した土壌環境の集中管理システム
~FTJr-DC/SDIでデータをロギング~
×

SRCC-FシリーズとWD5センサを利用した土壌環境の集中管理システム
~FTJr-DC/SDIでデータをロギング~_印刷用PDF
FTJr-DigitalタイプC
FT2-Digital タイプC

SRS分光反射率センサで植生指標や分光反射指標を連続測定
2018-12-12

当社のデータロガーFTシリーズ-DigitalタイプCのSDI-12インターフェース対応モデルでは、METER社(旧Decagon社)の分光反射率センサを接続する事ができます。


SRS分光反射率センサは緑の群落、群落閉鎖と群落老化の最初の様子を記録するために用いられ、測定結果は光捕獲、光の利用、生物季節学などに利用されます。

SRS分光反射率センサは、測定目的や形状の違いにより以下の4タイプがあります。
植生指標(NDVI)測定用
①SRS-Ni NDVI 半球型 分光反射率センサ
②SRS-Nr NDVI フィールドストップ型 分光反射率センサ
赤色の可視光(630nm)と近赤外線(800nm)を測定します。
分光反射指標(PRI)測定用
③SRS-Pi PRI 半球型 分光反射率センサ
④SRS-Pr PRI フィールドストップ型 分光反射率センサ
緑色の可視光(532nmと570nm)を測定します。
写真は上が「③SRS-Pi PRI 半球型 分光反射率センサ」下が「④SRS-Pr PRIフィールドストップ型 分光反射率センサ」です。


植生指標(NVDI)を測定する場合、センサは上向きに設置する半球型(照度)と、下向きに設置するフィールドストップ型(輝度)を組み合わせて使用します。
日照条件が同じ場合、半球型センサ1つに対して複数のフィールドストップ型のセンサを使用できます。

例えば、データロガーFTJr-DigitalタイプCのSDI-12インターフェース対応モデルを使用した場合、最大10台のデジタルセンサの接続と15要素の記録ができますので、半球形センサを1ヶ所(照度2要素)とした場合、フィールドストップ型を最大6ヶ所(輝度2要素×6点)設置でき、合計14要素を1台で測定できます。


また、データロガーFTシリーズ-DigitalタイプCはアナログセンサの接続にも対応可能で、FTJrの場合はオプションで1ch、FT2の場合は標準7ch(オプションで8ch増設可能)に対応しますので、植生指標などの測定と同時に日射、雨量、風向風速などの測定が可能です。

FTJr-DigitalタイプC
FT2-Digital タイプC

ロ-ドヒ-ティングの融雪遠隔操作代行サ-ビスを始めました
2018-11-21

Msシリーズ融雪遠隔制御システムの新たなサービスとして、ロードヒーティングの融雪遠隔操作代行サービスをリリース致しました。

×
ロードヒーティングの融雪遠隔操作代行サービス _印刷用PDF

「管理人様が代わって設定が分からない…」「機械の操作に自信がない…」等のご要望にお答えして、当社でロードヒーティングの設定を代行する融雪遠隔操作代行サ-ビスが始まりました。

関連記事:MsシリーズWebサービスリリース予定のご案内

ロードヒーティングの融雪遠隔操作代行サービスにご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

« 前 1 2 3 次 »